訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ訪問看護・介護事業JP

投稿者: INQDigital

訪問看護ステーションがナーシングホームや介護施設をつくりはじめた!

インキュベクスの上村です。訪問看護ステーション900社を作ってきたケアーズも、「訪問看護×住まい」の展開に大賛成しています。私自身も「訪問看護ステーション経営」×「ナーシングホーム」や「介護施設」等をからめた複合的な展開をしているからです。

「訪問看護ステーション」のケアーズに加盟することとは?

私たちはこれまでケアーズ名称でおおよそ900社の訪問看護ステーションの立ち上げ支援を行ってきました。私たちのテーマは、「いかにして訪問看護ステーションを事業として成長させるか?」というものです。あくまで大規模化を目指す方のためのサービス提供という位置づけです。実績としては、都内では年商20億円規模の民間ステーションの立ち上げを行ってきました。郊外あるいは地方都市には、数多くのエリアナンバー1ステーションの立ち上げを成功に導いています。

看護師・PTが計15名までの訪問看護ステーションを成長させる3要素は・・・(さわやかさ?若さ?イケメン?)

今日は、訪問看護ステーションの成長に悩んでいる方にこそ見てほしい内容です訪問看護ステーションは正しいやり方であれば、大きな事業成長が期待できるサービスです。ただし、ちょっとしたコツはあります。

3000万円以下の投下資金で立ち上がるビジネスのうち、おススメナンバー1は訪問看護ステーション!

もしあなたが今、ビジネスに3000万円を投資できるならば、僕はなんといっても訪問看護ステーションの起業をおすすめする!訪問看護ステーションは原則、ITもないし、いわゆるテクノロジーもいらない。いわば、地域に根差した人手に依存したサービスといえます。訪問看護ステーションとは介護や医療を必要とするシルバー世代のご自宅や介護施設に出向き、医療サービスや見守りなどを提供する仕事です。やっていることは地域密着、そして利益をきっちり残せるのです。

どんなに頑張って起業でもしない限り、PT年収は700万円が天井だろ!?

訪問看護ステーションは事業成長が期待出来るビジネスであることは、いまだに知られていない。「訪問看護ステーションとは何?」そう聞かれれば、医療人ならば誰だって答えられる。しかし、僕はほとんどの方が訪問看護ステーションの成長スピードや、企業としての価値を知っているとは思わない。訪問看護ステーションは向こう10年、いや15年の間はまだまだ成長出来るビジネスだ!

訪問看護ステーションはいくらで売却できるのか?

インキュベクスの上村です。私はこの9年、ケアーズブランドで全国に900社弱の訪問看護ステーションづくりを行ってきました。
看護師さんの採用数は5000名をくだりませんし、ご利用者様の数はおおよそ10万人くらいの規模にはなっているかと思います。
そんな経験から、在宅看護のこと、看護師のこと、訪問看護立ち上げのことなど、最近感じている傾向をご紹介いたします。

訪問看護ステーションのM&Aは流行りか? 

弊社ではこの9年間で、訪問看護ステーションの立ち上げを900社近く展開している。日本全国に広がるパートナー様は皆さんずいぶんと成長され、9年前のご契約者様の中には、営業利益が年間1億円を超えるような方から、東北ナンバー1にまで成長した方など、多くの企業家を輩出してきた。訪問看護ステーションは、僕の中ではサービス業だ。その訪問看護ステーション事業で、M&Aの動きが増えている。

訪問看護ステーションの起業を目指するも、周囲の意見に惑わされないために

訪問看護ステーション経営を目指す方から、毎日数多くのお問い合わせをいただいております。もちろん事業なので、苦労なしにすべてがうまくいくわけではありませんが、訪問看護ステーションは地域に必要な事業なので、行政も後押ししてくれています。本日は、訪問看護ステーション企業を考える方からいただく、よくある質問をご紹介いたします。たくさんの思い込み、間違いで混乱しているケースも多々ありますので、ご参考にしていただければ幸いです。

コロナ禍にも負けない、安定性のある成長事業「訪問看護ステーション」【参加無料】オンラインセミナー開催中

ケアーズでは、オンラインによる訪問看護の無料セミナーを定期的に開催しております。私たちは、2012年4月の支援開始以来、800社を超える新規訪問看護ステーションの開業・運営支援を行って参りました。セミナーでは、弊社のみに蓄積された訪問看護ステーション構築のナレッジを支援先事例をもってご紹介しております。成功へと導く開業には何か重要かを、事例を経験を基に培ったノウハウをお伝えします。更なる企業成長をお考えの方は、是非、ご参加ください。