訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ・介護事業JP

作者別: INQDigital

訪問看護未経験ながら今秋より経営者として自身の訪問看護ステーションをスタートする女性看護師さんをご紹介

お世話になっております。インキュベクス株式会社の青井です。

本日は、訪問看護未経験でありながら、独立開業を決意し、今秋より自身の訪問看護ステーションをスタートさせることになった女性看護師さんをご紹介します。40代前半のこの女性看護師さん、弊社にお問合せ頂いたのは、昨年の10月頃でした。

シリーズ10年後を生き抜く「経営の考え方」【第7回】訪問看護は最終目的ではない。地域につながる情報掌握のための一手段。本業を継続し、さらに突き抜けた成功を目指す。

最終回となる第7回目は、「“突き抜けた成功”へ着地するためにはどうすべきか」をお伝えいたします。――突き抜けた成功を収めている訪問看護ステーション、年商何千万、何億のところは「仕組み」に落とし込むことが完璧にできています。

シリーズ 10年後を生き抜く「経営の考え方」【第6回】採用のポイントは「未経験者を採れ」!? 「人」に依存したビジネスモデルは失敗する

第6回目は、読者様が事業主となった場合に関わる「看護師」という方々の特性について。そして私たちが支援した「訪問看護ビジネス」のうち、成功事例と失敗事例――何故差がついたのかについて、詳しくお伝えいたします。

シリーズ 10年後を生き抜く「経営の考え方」【第5回】全ての世代に関われる圧倒的な「ストックビジネス」の強み 弊社が訪問看護を選んだ理由(後編)

第5回目は、「訪問看護ビジネス」の利点について。私たちが超高齢社会を目前に、何故「介護」ではなく「看護」を選んだのか、その理由の3つ目をお話させていただきます。

シリーズ 10年後を生き抜く「経営の考え方」【第4回】「高齢者ビジネス」ならば「何をすべきか?」 弊社が訪問看護を選んだ理由(前編)

第4回目は、前回に引き続き「訪問看護ビジネス」について、私たちインキュベクスが超高齢社会を目前に、何故「介護」ではなく「看護」を選んだのか、その理由を、お話させていただきます。

【期間限定 無料e-BOOKプレゼント!】介護サービスを強化する!「訪問看護の起業」という次の一手

在宅介護・医療の現場においては、ご利用者様の「生活」を支援するという目線が最も根本的であり、必要なことです。訪問看護ステーションの開業が、介護施設経営やその他介護サービスに与える影響をご紹介いたします。