仙台で圧倒的成功を収めている社長の経営ハウツーを独占インタビュー!!

京セラの営業マンから『訪問看護事業』に新規参入したケアーズ仙台東の菊地社長のインタビュー。

医療・介護業界の経験ゼロ、全くの異業種からの参入にもかかわらず、数値による業務管理や看護師の採用、継続雇用の仕組み作りなど様々な経営ノウハウを確立。

現在、開業から4年目にして、スタッフ約30名、年商4億円も視野に仙台で2店舗を準備されるなど大きく成長されています。

開業当初の苦労話、これから訪問看護事業への参入を検討される方へのメッセージなど盛り沢山の内容です。(全19ページ)


e-BOOKの内容

今は業績好調だけれど、開業当初は苦難の連続だった。

打開策は「リハビリサービスの提供」と「求人広告の工夫」

スタッフのモチベーションアップは、経営者のアイデア次第。

管理会計でスタッフの頑張りと実績すべてを「数字化」「見える化」し全員に共有・公開! 

訪問看護・訪問リハのスタッフに必要なのはコミュニケーション能力。

採用には工夫をしつつも、最終判断は現場スタッフに任せる。 

開業当初から温めていた今後の事業展開は、地域のニーズに応えるために軌道修正。

マーケットを圧倒的におさえ、将来への布石とする!

訪問看護ステーション経営で最も基本であり、大切なのは「営業」を「継続する」こと。

営業数値も「見える化」して管理する。 月にのべ300件が目標!

インキュベクスの営業ツールは名前と顔を覚えてもらうのに有効だった!

運営は役割分担を明確にし、看護・リハビリに集中できる仕組みをつくる。

「なんだこの会社?」と興味を持ってもらいたい。スタッフが長く勤められるように

多面的な視点を持ち、それを実行するのが経営者の役割。