訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ訪問看護・介護事業JP

訪問看護のあり方

カテゴリ一 記事一覧

訪問看護とは

訪問看護とは―――今後ステーション開設を考えている方、医療・福祉関係者の方向け

訪問看護ステーションの管理者像について

訪問看護ステーションの管理者像(人物像)をご紹介しております。実は、訪問看護ステーションの人物像に、訪問看護ステーション経験は不要です。ただし、中堅以上の病院(300床以上)での勤務経験はマスト。さらに詳しいチェック項目をご紹介しております。
また、弊社では、各種の研修・訓練・勉強会を通じて皆様のステーションの管理者様に対する教育・訓練・ケーススタディの提供を行っておりますので、ぜひご活用ください。

今、本当に求められている「訪問看護ステーション×ホスピス」の展開で期待できることとは⁉︎

訪問看護ステーション、ホスピス住宅、それぞれの限界と使命の打開策となる、新しい「訪問看護ステーション×ホスピス」の展開が求められています。
私達が提供する「訪問看護ステーション起業支援」では、19部屋の介護施設を賃貸し、月商合計1,350万円前後。
今、本当に求められる「訪問看護ステーション×ホスピス」の展開が生み出す価値についてご紹介します。

訪問看護ステーションを廃業させない支援・技術・ノウハウがある

弊社が管理するお部屋に入居する方々の、1部屋あたりの売上は35万円。

現在は月商2000万円を超え、毎月顧客数が6名~12名程度(月商36万円~72万円)の純増で推移しています。

つまり、高齢者の住まい確保を支援する体制を整えることで、一般的な訪問看護ステーションとは比較にならないほどの事業成長を遂げているのです。

ケアーズ訪問看護ステーション単独成長の、おおよそ2~3倍程度の事業成長を実現します。

介護施設や集合住宅へのみ訪問看護サービスを提供する!物件管理・斡旋で1000万円の補助金も手に入れる!

これからの訪問看護ステーションは今までとは戦い方が変わります。訪問看護ステーションが管理する介護施設や、集合住宅へのみ訪問をするのです。その数は200名のご利用者様です。特徴は24時間体制のサポートを、看護だけではなく介護サービスも提供しつつ実現するのです。

3000万円以下の投下資金で立ち上がるビジネスのうち、おススメナンバー1は訪問看護ステーション!

もしあなたが今、ビジネスに3000万円を投資できるならば、僕はなんといっても訪問看護ステーションの起業をおすすめする!訪問看護ステーションは原則、ITもないし、いわゆるテクノロジーもいらない。いわば、地域に根差した人手に依存したサービスといえます。訪問看護ステーションとは介護や医療を必要とするシルバー世代のご自宅や介護施設に出向き、医療サービスや見守りなどを提供する仕事です。やっていることは地域密着、そして利益をきっちり残せるのです。

一本の矢より三本の矢!|訪問看護ステーションの運営の仕方

チームビルディングは、一つのゴールに向かって進んでいける組織作りのことですが、医療・介護分野では地域も含め広く連携することが求められる時代背景もあり、特に取り組みが進められています。スタッフ全員の方向性を揃えることで、ステーションに関わる業務が効率化され、よりスムーズに動くようになります。

介護保険給付範囲が大幅に縮小された時には、訪問看護ステーションは生き残れるのか?

お客様より、「介護保険給付範囲が大幅に縮小された時には、訪問看護ステーションは生き残れるのか?」というご質問をいただくことがありますので・・・ここで簡単にお答えしておきます。介護保険給付範囲が縮小に関わらず、訪問看護は在宅医療の要です。