訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ訪問看護・介護事業JP

訪問看護ステーション経営の情報

カテゴリ一 記事一覧

20名以上の新規利用者を生み出す訪問看護ステーションをつくる!

令和3年10月5日に開催しました「訪問看護ステーション管理者向け」勉強会の内容を紹介してます。20名以上の新規利用者を生み出す訪問看護ステーションをつくるノウハウや、Q&Aについて詳しくご紹介しています。今回も大勢の方にご参加いただきましたこの勉強会は、毎週火曜日に開催しております。自由参加ですので、介護・医療業界の方はもちろんのこと、異業種の方も大歓迎です。ご興味のある方は奮ってご参加ください。

クリニック経営と訪問看護ステーション経営を両立する!?

クリニック経営と訪問看護ステーション経営を両立していくには、具体的な収支シュミレーションを検討していく必要があります。開業にあたっての初期費用や、事業が黒字化していくまでの流れ、人員の採用ペースや稼働率についてのご質問も数多く頂きます。
弊社の事業説明会では、ビジネスモデルの概要からソフト面に関してまで、幅広くカバーをしています。説明会は随時開催しておりますので、お気軽にお問合せください。

訪問看護ステーション経営に必要な組織・役割・ルール化

弊社が目指す訪問看護ステーションは開業から24カ月目には、利用者数が200名、月商はおおよそ1000万円に手が届くような事業成長のできるステーションです。そのためには、働く人が増加する組織に必要なルール、マニュアル、チーム体制整備を整えることが重要です。この記事では、風通しのいい組織、カイゼン提案が届く組織、入社したくなる組織構築を目指すために、どのような組織体制を目指すべきか具体的にご紹介しています。

「介護の王国」併設する訪問看護ステーションの近況

私たちは横浜市鶴見区にて毎月10~15名の利用者様が増加する訪問看護ステーションを運営しています。現在は、この毎月20名の訪問看護サービス利用者様増加にもお応えできるよう、新たな環境整備をすすめています。

私達の最終的なゴールは訪問看護ステーションの5キロ四方に最大200名の高齢者に対する住まい提供をはじめ、介護・医療保険ならびに自費サービスの提供です。

【補助金最大1000万円】高齢者向けの居住支援をサポートし訪問看護の訪問先拡大を目指します。

私たちは、何より医療従事者の信頼に加えて「住まいの提供という地域ニーズ」にこたえることで訪問看護ステーションへの依頼件数を拡大することを推進しているのです。皆さまもケアマネ訪問等、退院調整室への訪問は基本医療従事者が行っていると思います。私達の直営する訪問看護ステーションも同様な環境でしたが、高齢者の居住支援機能を持つことで私のような(医療従事者でない)一般スタッフが病院、ケアマネ事務所、退院調整質その他への訪問とコミュニケーションを実現するのです。

訪問看護ステーションを廃業させない支援・技術・ノウハウがある

弊社が管理するお部屋に入居する方々の、1部屋あたりの売上は35万円。

現在は月商2000万円を超え、毎月顧客数が6名~12名程度(月商36万円~72万円)の純増で推移しています。

つまり、高齢者の住まい確保を支援する体制を整えることで、一般的な訪問看護ステーションとは比較にならないほどの事業成長を遂げているのです。

ケアーズ訪問看護ステーション単独成長の、おおよそ2~3倍程度の事業成長を実現します。

訪問看護ステーションの起業を目指するも、周囲の意見に惑わされないために

訪問看護ステーション経営を目指す方から、毎日数多くのお問い合わせをいただいております。もちろん事業なので、苦労なしにすべてがうまくいくわけではありませんが、訪問看護ステーションは地域に必要な事業なので、行政も後押ししてくれています。本日は、訪問看護ステーション企業を考える方からいただく、よくある質問をご紹介いたします。たくさんの思い込み、間違いで混乱しているケースも多々ありますので、ご参考にしていただければ幸いです。

【無料e-BOOKプレゼント!】将来の独立を視野に訪問看護ステーションの統括管理者として、年収600万円から勤務スタート!

【無料e-BOOKプレゼント!】「自己資金は使いたくない、でも起業はあきらめたくない」30歳の男性看護師がとった行動とは!?経営を学びたい、将来は独立したいとお考えになっている看護師さん・各種療法士さんと、民間事業者のマッチングをたびたび行ってきております。本日は、救命救急センター勤務経験ある正看護師(30歳男性)の事例をご紹介します。

埼玉県は訪問看護ステーション開設のベストエリア! その理由と成功事例をご紹介!

訪問看護ステーションの成功のためには、看護師採用が順調であること、またご利用者様の人数、利用回数が増えていくことが要件です。埼玉県は看護師の採用数、ご利用者様の登録数ともに伸びが順調です。埼玉県での訪問看護ステーション事業拡大の事例をご紹介します。