お世話になっております。インキュベクス株式会社の青井です。

本日は、訪問看護未経験でありながら、独立開業を決意し、今秋より自身の訪問看護ステーションをスタートさせることになった女性看護師さんをご紹介します。

40代前半のこの女性看護師さん、弊社にお問合せ頂いたのは、昨年の10月頃でした。

当時は、東京都内の病院に勤務されていました。訪問看護未経験でしたが、将来のことを考え、訪問看護による独立を決意されたそうです。

ただ、独立後に勤務されている病院との協力関係が発生する可能性も踏まえ、独立の準備をしながらも、円満退社に時間をかけられたそうです。

訪問看護ステーション開業のための自己資金は、300万円ほどだったのですが、弊社の協力企業であるJNEXTの金原さんのバックアップを受け、1,000万円の融資を受けることに成功されました。

今後、お仲間の看護師さんと共に、弊社の各研修等にご参加いただきながら9・10月の開業を目指されます。

あなたの訪問看護ステーションの第一歩を、インキュベクスがサポートいたします。

これまで病院などでしか勤務経験がない看護師さん・療法士さんが、訪問看護ステーションを開業する、経営者になる、といった時には、様々な不安や知らないことが出てきます。

インキュベクスでは、融資や法務などのプロフェッショナルと一緒に、初めて起業や経営にチャレンジする看護師さん・療法士さんをサポートします。

融資のご相談や、そのための事業計画の策定、会社設立、助成金といった今回ご案内した内容以外にも、エリアの選定や事務所の設置、営業戦略、採用など、様々な準備の項目がありますが、私たちが一つ一つ整理し、効果的なアクションをご一緒に進めてまいります。

訪問看護での独立をお考えの看護師さん、療法士さんは、お気軽にご相談ください。

▼▼▼▼少ない自己資金での訪問看護ステーション独立・開業について詳しくはこちらをご覧ください。▼▼▼▼