訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ訪問看護・介護事業JP

ご提案する背景

カテゴリ一 記事一覧

現在は3本の柱をもって経営をすすめています。

INQ(インキュベクス)は、現在は3本の柱をもって経営をすすめています。

まず1つ目はもともとの本業である『起業支援会社』としてのスタンスです。
2つ目は『介護事業の運営』です。横浜市鶴見区では「訪問看護ステーション」ならびに、「介護施設経営」を推進しております。
そして3つ目が、2022年から始める・・・

訪問介護の稼働率向上を狙う利用者へのお住まい提供!

弊社の訪問介護ステーションのビジネスモデルは、介護サービスを提供する利用者に、『住まいも提供する』という特徴があります。
住まい(グループホームやシェアハウス等を含む集合住宅)の提供は家賃収入を得るだけでなく、1度の移動で複数人の利用者にサービス提供でき、高稼働率、高収益を期待できるのです。

■利益目標
(訪問介護)
一般的な訪問介護の客単価6万円に対し・・・

訪問看護ステーションをパートナー企業と共同経営する!

訪問看護ステーションをパートナー企業と共同経営する!

9月1日、訪問看護ステーション運営会社(直営)を神奈川県にもう1社設立します。
目的は、訪問看護ステーションの新たな事業拡大に向けたビジネスモデルの検証。

新会社には新社長。この方は大手企業でマネージメント訓練を受けてきた方をアサインします。

今回は弊社の・・・

介護職の独立起業に向けたビジネスモデル「介護の小国(仮称)」の事業検証

以前に看護師の独立起業のお話をしましたが、介護職の独立起業もできるのではないかと企画開発を始めました。

参考にしたのが、インキュベクスにて開業支援を行っている「介護の王国」。
訪問介護ステーションと同時に訪問看護ステーション、19床の有料老人ホーム(利用者の住まい)を運営し、住まいと医療介護サービスを提供するというビジネスモデル。上記モデルには19床の老人ホーム設置など建設・開設資金がかかります。

そこで、介護の王国の訪問介護ステーションに焦点を当て、利用者の住まいを小規模化し、開業資金もコンパクトにする目的で開発したのが、ビジネスモデル「介護の小国(仮称)」。このモデルで介護職でも独立起業が可能かを判断するため、事業検証を計画しています。
検証項目・・・

「『ケアーズ』のプロモーション活動の拠点を作る」の巻

「ケアーズのプロモーション拠点」として、事務所を構えることに。

事務所は、明治神宮そばで「北参道BASE」と呼ぶことにした。

医療技術等普及のための新しい出版や番組作りも考えたいし、、
医療介護分野で起業を考える「やる気は任せてくれ!」の若者や、勿論 若くない人との交流も積極的にやりたい・・・

介護士の低賃金問題に一石を投じる!

インキュベクスでは、いままでおおよそ4000社の起業支援を手掛けてきました。
特に医療介護業界では、訪問看護ステーションの開業支援を900社行ったことで、1万名前後の看護師雇用には寄与できたんじゃないかと思います。
介護スクール立ち上げ支援は全国400校だったかな。

今回は、介護職の「介護士の低賃金問題」に切り込み、業界の待遇に一石を投じる「訪問介護起業支援サービス」をプロデュースします。

この企画で、介護士の待遇面だけでなく・・・

独立したい看護師・PTさんを支援する!

ケアーズ訪問看護ステーションの本部を運営する上村です。

何度かお話ししてますが、僕は”訪問看護ステーションの開業支援”を行う企業の経営者であり・・横浜にある訪問看護ステーションの経営者でもあります。

その中で「訪問看護ステーションの開業」や「独立をしたいけれど資金がない」等
悩んでいる看護師・PTさんの声を聞き、『何かやれることがあるんじゃないか』と考えた!

例えば、・・・

弊社の訪問介護ビジネスモデルの特徴

今回は弊社が考える訪問介護のビジネスモデルについてお話します。

普通の訪問介護は個人宅にお邪魔してサービスを提供するモデル。一般的には客単価が6万円とか8万円とかと言われている。

一方で、僕たちの訪問介護ビジネスモデルの特徴は客単価が24万円~30万円を目指していただくもの。

おおよそ4倍の客単価を実現するために、訪問介護事業者はアパートを1棟~複数棟用意し、居住を希望するお客様にお住まいを提供しつつ、
居住のお客様に対し介護サービスの提供をすすめるというもの。

■月商モデル・・・

訪問看護のM&A(売るために作る!?)

ケアーズ訪問看護ステーションの本部を運営する上村です。
ケアーズはいままで日本全国に約900拠点の訪問看護ステーションを立ち上げてきましたが・・
今日はサテライト展開からさらにその先の話を少々

最近、江東区だったかな?「弊社支援先が自社の訪問看護ステーションを1億円で売却した」や「若手を中心に・・・20億円くらいで売却できるように育てて売る!」など、訪問看護ステーションのM&Aの考えているお客様が増えてきた!

そこで・・・

都内ナンバー1の待遇(看護師年収900万円)を用意する訪問看護ステーションを目指す

都内でサテライトの訪問看護ステーション展開を構想するなんてお話を書きましたが・・・
なんといってもメインで活躍頂く20代の、看護師年収900万円、PT年収800万円を捻出するための制度づくりをしますので・・考えなきゃいけないことをいくつか列挙します。

参考までに以下のような壁を超えないといけません。
(ちなみにバックオフィス構築にかかる経費の算出が出来るまでにあと1カ月ほどかかるかなと思います。)

■バックオフィス体制構築に関わる検討項目

訪問看護ステーション経営の成功確率

850社の起業支援を行ってきてみてわかることは訪問看護ステーション経営の成功する確率は事前にわかるというものです。

もちろん成功の可能性を数字で表しますので怒る方もたまにいらっしゃいます(笑)

■■ 訪問看護ステーション経営の成功確率 ■■
【開業準備】
◇商圏の持つニーズが事業成長に与える影響度は10%…