訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ訪問看護・介護事業JP

訪問看護事業をこれから検討される企業様へ

ケアーズには、医療介護ビジネスの経験者でなくても、安心して事業参入にチャレンジできる強力な支援体制があります。

国内最大級の訪問看護開業・運営支援サービス

国内最大級の訪問看護開業・運営支援サービス

ケアーズは、2012年の訪問看護ステーション開業・運営支援サービス開始以来、2019年1月時点で延べ800社以上に及び、訪問看護のコンサルティング、あるいは他のフランチャイズなどのグループと比べても、大手を凌駕する国内最大級のグループを構成しています。

業界経験不要!オーナー様の8割が異業種参入

充実の支援体制だから業界経験は不要です。ケアーズでは、実際に支援先のオーナー様の8割が様々な異業種から訪問看護事業に参入されています。

延べ全国800社以上の開業支援

これまで「ケアーズ」の本部が手がけた訪問看護の開業支援は、延べ全国800社以上。数多くの訪問看護ステーションが「ケアーズ」のパートナーとして、毎年のように増え続け、ご一緒に在宅医療介護の発展に取り組んでいます。

成功への堅実さと、ノウハウの先進性

「難関大学を目指す!」という方が進学塾や予備校に通うように、「ケアーズ」は訪問看護の開業を目指す方の、まるで学校のような存在として、多くの成功をお手伝いしてきました。

時代のニーズにこたえるビジネスで、地域に貢献。

成長分野であると同時に、地域社会に大きく貢献。新規事業として「訪問看護」が選ばれるのには、理由があります。

訪問看護ステーション 開業オーナーの声

訪問看護ステーションの開業事例の一部をお客様の声を交えてご紹介します。

開業企業事例の一覧を見る

訪問看護事業説明会を開催しています

全国各地で事業説明会(参加無料)を開催しております。ご都合のよい会場・日程をお選びのうえお気軽にお申込みください。

お電話によるお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。
045-474-5267
9:00-18:00(土日・祝日除く)

メールによるお問い合わせ

ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールから問い合わせる

訪問看護ステーションの共同経営者を募集する

2022年からはいよいよ新境地。

◆新たな展開①『共同経営』
共同経営スタイルで訪問看護ステーションを開業するモデル。弊社が100%出資をするスタイルです。

◆新たな展開②『訪問看護ステーション起業支援のプライス等の切り替え』
僕の感覚では訪問看護ステーション起業支援は成功率90%ほどに成長してきたことから・・・

現在は3本の柱をもって経営をすすめています。

INQ(インキュベクス)は、現在は3本の柱をもって経営をすすめています。

まず1つ目はもともとの本業である『起業支援会社』としてのスタンスです。
2つ目は『介護事業の運営』です。横浜市鶴見区では「訪問看護ステーション」ならびに、「介護施設経営」を推進しております。
そして3つ目が、2022年から始める・・・

訪問看護ステーションをパートナー企業と共同経営する!

訪問看護ステーションをパートナー企業と共同経営する!

9月1日、訪問看護ステーション運営会社(直営)を神奈川県にもう1社設立します。
目的は、訪問看護ステーションの新たな事業拡大に向けたビジネスモデルの検証。

新会社には新社長。この方は大手企業でマネージメント訓練を受けてきた方をアサインします。

今回は弊社の・・・

「『ケアーズ』のプロモーション活動の拠点を作る」の巻

「ケアーズのプロモーション拠点」として、事務所を構えることに。

事務所は、明治神宮そばで「北参道BASE」と呼ぶことにした。

医療技術等普及のための新しい出版や番組作りも考えたいし、、
医療介護分野で起業を考える「やる気は任せてくれ!」の若者や、勿論 若くない人との交流も積極的にやりたい・・・

介護士の低賃金問題に一石を投じる!

インキュベクスでは、いままでおおよそ4000社の起業支援を手掛けてきました。
特に医療介護業界では、訪問看護ステーションの開業支援を900社行ったことで、1万名前後の看護師雇用には寄与できたんじゃないかと思います。
介護スクール立ち上げ支援は全国400校だったかな。

今回は、介護職の「介護士の低賃金問題」に切り込み、業界の待遇に一石を投じる「訪問介護起業支援サービス」をプロデュースします。

この企画で、介護士の待遇面だけでなく・・・

介護職の独立起業に向けたビジネスモデル「介護の小国(仮称)」の事業検証

以前に看護師の独立起業のお話をしましたが、介護職の独立起業もできるのではないかと企画開発を始めました。

参考にしたのが、インキュベクスにて開業支援を行っている「介護の王国」。
訪問介護ステーションと同時に訪問看護ステーション、19床の有料老人ホーム(利用者の住まい)を運営し、住まいと医療介護サービスを提供するというビジネスモデル。上記モデルには19床の老人ホーム設置など建設・開設資金がかかります。

そこで、介護の王国の訪問介護ステーションに焦点を当て、利用者の住まいを小規模化し、開業資金もコンパクトにする目的で開発したのが、ビジネスモデル「介護の小国(仮称)」。このモデルで介護職でも独立起業が可能かを判断するため、事業検証を計画しています。
検証項目・・・

独立したい看護師・PTさんを支援する!

ケアーズ訪問看護ステーションの本部を運営する上村です。

何度かお話ししてますが、僕は”訪問看護ステーションの開業支援”を行う企業の経営者であり・・横浜にある訪問看護ステーションの経営者でもあります。

その中で「訪問看護ステーションの開業」や「独立をしたいけれど資金がない」等
悩んでいる看護師・PTさんの声を聞き、『何かやれることがあるんじゃないか』と考えた!

例えば、・・・

訪問介護の稼働率向上を狙う利用者へのお住まい提供!

弊社の訪問介護ステーションのビジネスモデルは、介護サービスを提供する利用者に、『住まいも提供する』という特徴があります。
住まい(グループホームやシェアハウス等を含む集合住宅)の提供は家賃収入を得るだけでなく、1度の移動で複数人の利用者にサービス提供でき、高稼働率、高収益を期待できるのです。

■利益目標
(訪問介護)
一般的な訪問介護の客単価6万円に対し・・・

弊社の訪問介護ビジネスモデルの特徴

今回は弊社が考える訪問介護のビジネスモデルについてお話します。

普通の訪問介護は個人宅にお邪魔してサービスを提供するモデル。一般的には客単価が6万円とか8万円とかと言われている。

一方で、僕たちの訪問介護ビジネスモデルの特徴は客単価が24万円~30万円を目指していただくもの。

おおよそ4倍の客単価を実現するために、訪問介護事業者はアパートを1棟~複数棟用意し、居住を希望するお客様にお住まいを提供しつつ、
居住のお客様に対し介護サービスの提供をすすめるというもの。

■月商モデル・・・

訪問看護のM&A(売るために作る!?)

ケアーズ訪問看護ステーションの本部を運営する上村です。
ケアーズはいままで日本全国に約900拠点の訪問看護ステーションを立ち上げてきましたが・・
今日はサテライト展開からさらにその先の話を少々

最近、江東区だったかな?「弊社支援先が自社の訪問看護ステーションを1億円で売却した」や「若手を中心に・・・20億円くらいで売却できるように育てて売る!」など、訪問看護ステーションのM&Aの考えているお客様が増えてきた!

そこで・・・

訪問看護ステーションの事業拡大はこんなスケジュールで!

訪問看護ステーションの事業拡大はこんなやり方で!
私が直営する訪問看護ステーションがある横浜市はますます高齢化(要介護者認定)が加速しています。
2015年から2019年までの5年間で要介護者数は19%増。2015年から2025年までの10年間での要介護者数は40%増が予測…

開業4年で年商4億円が見えてきた 圧倒的成功を収めている社長の経営ハウツーを独占インタビュー!!(3)KEEP SMILE株式会社 ケアーズ仙台東 菊地社長インタビュー

ケアーズ仙台東菊地社長インタビュー(3)訪問看護ステーション経営で最も基本であり、大切なのは「営業」を「継続する」こと。営業数値も「見える化」して管理する。月にのべ300件が目標!

開業4年で年商4億円が見えてきた 圧倒的成功を収めている社長の経営ハウツーを独占インタビュー!!(2)KEEP SMILE株式会社 ケアーズ仙台東 菊地社長インタビュー

ケアーズ仙台東菊地社長インタビュー(2)開業当初から温めていた今後の事業展開は、地域のニーズに応えるために軌道修正。マーケットを圧倒的におさえ、将来への布石とする!

開業4年で年商4億円が見えてきた 圧倒的成功を収めている社長の経営ハウツーを独占インタビュー!!(1)開業4年で年商4億円が見えてきた 圧倒的成功を収めている社長の経営ハウツーを独占インタビュー!!(1)KEEP SMILE株式会社 ケアーズ仙台東 菊地社長インタビュー ケアーズ仙台東 菊地社長インタビュー

ケアーズ仙台東菊地社長インタビュー(1)スタッフのモチベーションアップは、経営者のアイデア次第。管理会計でスタッフの頑張りと実績すべてを「数字化」「見える化」し全員に共有・公開!

一歩一歩を積み重ねたから今の僕らのステーションがある!異業種参入の経営者と訪問看護未経験の看護師が作りあげた訪問看護ステーションストーリー(4)株式会社キャリアドライブ 藤沢高等自動車学校 代表取締役 田村 嘉規氏 インタビュー

藤沢高等自動車学校 田村社長インタビュー(4)訪問看護ステーション経営を考えておられる方へ――事業の成功の根底にあるのは「人」である。

一歩一歩を積み重ねたから今の僕らのステーションがある!異業種参入の経営者と訪問看護未経験の看護師が作りあげた訪問看護ステーションストーリー(3)株式会社キャリアドライブ 藤沢高等自動車学校 代表取締役 田村 嘉規氏 インタビュー

藤沢高等自動車学校 田村社長インタビュー(3)看護師とは膝突き合わせて対話することも大切。現場スタッフの思いを汲んで、働きやすい環境をつくりたい

一歩一歩を積み重ねたから今の僕らのステーションがある!異業種参入の経営者と訪問看護未経験の看護師が作りあげた訪問看護ステーションストーリー(2)株式会社キャリアドライブ 藤沢高等自動車学校 代表取締役 田村 嘉規氏 インタビュー

藤沢高等自動車学校 田村社長インタビュー(2)認定看護師の採用から、管理者と看護部門リーダーの役割がまとまり現場が動き出した。 往診医との信頼感を築き上げて利用者を掴む

一歩一歩を積み重ねたから今の僕らのステーションがある!異業種参入の経営者と訪問看護未経験の看護師が作りあげた訪問看護ステーションストーリー(1)株式会社キャリアドライブ 藤沢高等自動車学校 代表取締役 田村 嘉規氏 インタビュー

藤沢高等自動車学校 田村社長インタビュー(1)訪問看護ステーション運営は「三方よし」を実現できる事業である、という確信のもと、事業運営をはじめて、今に至ります。

【訪問看護開業インタビューVol.10】異業種から事業参入「なにより現場で働く従業員のために介護事業~訪問看護を選びました。」

本日は静岡県富士市にて新たに訪問看護ステーションを立ち上げられる、株式会社K・コミュニティージャパン代表の加藤 喜美社長をご紹介します。ご本業が運送会社である加藤様がなぜ新たに訪問看護サービスへの参入を決意された経緯、そして今後の展望についてお話をお伺いしました。

【訪問看護開業インタビューVol.9】言語聴覚士が挑む独立起業「育ててくれた人たちや地域に恩返ししたいから訪問看護を選びました」後編

前回に引き続き、言語聴覚士の黒川清博様の特別インタビューをお送りします。今回は、黒川様が大学病院の勤務から訪問看護ステーションの起業を決意された理由、これからの展望、そしてこれから独立起業を検討される療法士・看護師の方へのメッセージ等をご紹介します。

【訪問看護開業インタビューVol.9】言語聴覚士が挑む独立起業「育ててくれた人たちや地域に恩返ししたいから訪問看護を選びました」前編

黒川様は大学をご卒業後、他県にてご家業の不動産経営と関わりあるお仕事をされていましたが、「人と直接関わり、喜んでいただける仕事がしたい」とお考えになり、言語聴覚士資格を取得されたそうです。大学病院勤務などを経て、訪問看護ステーションの起業をお考えになるまでの軌跡をお話ししていただきました。

お知らせ

新着記事をご紹介します。

  1. 2022年6月16日

    訪問看護ステーションの共同経営者を募集する

  2. 2022年6月13日

    現在は3本の柱をもって経営をすすめています。

  3. 2022年5月18日

    訪問看護ステーションをパートナー企業と共同経営する!

  4. 2022年5月17日

    「『ケアーズ』のプロモーション活動の拠点を作る」の巻

  5. 2022年5月13日

    訪問看護ステーションは儲かるの?