訪問看護ステーションの開業運営を支援 | ケアーズ・介護事業JP

ケアーズ
訪問看護ステーション
開業・運営サポート

訪問看護事業を開設から運営までトータルサポート

訪問看護事業をこれから検討される企業様へ

ケアーズには、医療介護ビジネスの経験者でなくても、安心して事業参入にチャレンジできる強力な支援体制があります。

国内最大級の訪問看護開業・運営支援サービス

国内最大級の訪問看護開業・運営支援サービス

2012年の訪問看護ステーション開業・運営支援サービス開始以来、2019年1月時点で延べ760社以上に及び、訪問看護のコンサルティング、あるいは他のフランチャイズなどのグループと比べても、大手を凌駕する国内最大級のグループを構成しています。

業界経験不要!オーナー様の8割が異業種参入

充実の支援体制だから業界経験は不要です。実際にケアーズのオーナー様の8割が様々な異業種から訪問看護事業に参入されています。

延べ全国760社以上の開業支援

これまで「ケアーズ」の本部が手がけた訪問看護の開業支援は、延べ全国760社以上。数多くの訪問看護ステーションが「ケアーズ」のパートナーとして、毎年のように増え続け、ご一緒に在宅医療介護の発展に取り組んでいます。

成功への堅実さと、ノウハウの先進性

「難関大学を目指す!」という方が進学塾や予備校に通うように、「ケアーズ」は訪問看護の開業を目指す方の、まるで学校のような存在として、多くの成功をお手伝いしてきました。

時代のニーズにこたえるビジネスで、地域に貢献。

成長分野であると同時に、地域社会に大きく貢献。新規事業として「訪問看護」が選ばれるのには、理由があります。

訪問看護ステーション 開業オーナーの声

訪問看護ステーションの開業事例の一部をお客様の声を交えてご紹介します。

開業企業事例の一覧を見る

訪問看護事業説明会を開催しています

全国各地で事業説明会(参加無料)を開催しております。ご都合のよい会場・日程をお選びのうえお気軽にお申込みください。

お電話によるお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。
045-474-5267
9:00-18:00(土日・祝日除く)

メールによるお問い合わせ

ご質問・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
メールから問い合わせる

【訪問看護開業インタビューVol.10】異業種から事業参入「なにより現場で働く従業員のために介護事業~訪問看護を選びました。」

本日は静岡県富士市にて新たに訪問看護ステーションを立ち上げられる、株式会社K・コミュニティージャパン代表の加藤 喜美社長をご紹介します。ご本業が運送会社である加藤様がなぜ新たに訪問看護サービスへの参入を決意された経緯、そして今後の展望についてお話をお伺いしました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(3)

最終回となる第3回目は、訪問看護ステーションの現在のご状況、今後の抱負、そして今後独立を希望する看護師さん、療法士さんへのメッセージ等をお伺いしました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(2)

第2回目は、訪問看護事業参入を決断した、最終的なきっかけ、そしてステーション開業当初の社長自らの営業活動の様子、そして当時苦労されたことなどをお伺いしました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(1)

第1回目は、岩見社長がこれまで積み重ねてきた勉学やご経験について、また現在の訪問看護ステーション運営に至った経緯等についてお聞きしました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(7)

抜群のチームワークを誇るあい訪問看護ステーションですが、その裏には、直行直帰やペーパーレス・IT化など業務の効率化や働く環境を少しでもよくするために横地社長の行っている数々の取り組みがありました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(6)

「いろいろありましたけど、今うちのステーションは、人間関係のしがらみもストレスもないし、お金をきちんとスタッフさんたちに還元できるようになっていると思います。」第6回目は、スタッフの採用についてお話を伺いました。

「訪問看護ステーション」の事業説明会を2月13日に新大阪で開催します。(参加無料)

2月13日(木)に「訪問看護ステーション」の事業説明会を大阪会場で実施することが決定しましたのでご報告させていただきます。訪問看護事業に興味がある、これから訪問看護ステーションを開業したいという方は、無料の事業説明会にご参加ください。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(5)

第5回目は、「介護に関わるご家族への支援をしたい」という理念のもとご利用者様の最初の担当者会議に参加されるなど、看護師さんとの役割分担を明確にし、働きやすい環境作りに日々邁進するお話を伺いました。

地域のニーズと向かい続け訪問看護、訪問マッサージ、有料老人ホームなど複合的な介護事業の実現を目指す訪問看護ステーション

ケアーズ港南台訪問看護リハビリステーションは、潜在的なご利用者様数も多いものの、訪問看護ステーションの数も多い横浜市で、あまり営業活動に時間をかけなくとも利用者が集まる「選ばれる訪問看護ステーション」へと成長されています。

理想の訪問看護ステーションのための「理想の看護師」を妥協せず、根気よく面談した社長の想いが良い人材獲得・事業成長に結実

今回は、東京都国分寺市で活躍されている、さわやか訪問看護リハビリステーション様をご紹介いたします。訪問看護ステーションに参入される時、経営者様はまず、ご自身の理想に合った管理者の採用を目指しました。スタッフが一丸となって成長するステーションの軌跡をご覧ください。

スタッフ全員の前向きなチャレンジ精神、Webを活用した発信力が地域に選ばれる訪問看護ステーション作りを推進

まったくの異業種から新規参入されましたが、なんと開業直後にケアーズの支援によって地域連携のイベントを開催。地域内の多くの医療介護関係者を集めたイベントの開催によって、ステーションのブランディングは急上昇。利用者獲得はもちろんのこと、スタッフにも選ばれるステーションとなりました。

看護師顔負けの行動力で常に最前線に立ち続ける経営者の想いが急成長する訪問看護ステーションの原動力に!

今回は、埼玉県川口市で活躍されている、西川口訪問看護リハビリステーション様をご紹介いたします。開業から短期間で急速に成長され、特にリハビリでは地域でもトップクラスで依頼が舞い込むステーションです。その原動力となっているのは、看護師顔負けの行動力で常に最前線に立ち続ける経営者様です。

【ご本業は、創業明治22年の老舗の鋼材問屋】「訪問看護ステーション」事業参入のきっかけからサテライトをオープンに至る経緯をご紹介

2018年11月1日、ケアーズ訪問看護リハビリステーション仙台東のサテライト「ケアーズ訪問看護リハビリステーション仙台南」がオープンしました。本日は、ケアーズ仙台東の「訪問看護」事業参入のきっかけからサテライト店仙台南をオープンに至る経緯をご紹介します。

訪問看護事業への参入が本業の歯科医とのシナジー効果を発揮して業績もアップ!

ケアーズに加盟される方は、もともとクリニックを運営している経営者様や、医療従事者の方の割合が増えてきました。本日ご紹介するのも、東京都内で歯科医を開業されていた経営者様が、新たに訪問看護事業に参入されたことで、飛躍的なシナジー効果を生んだ事例です。

医療業界に「サービス業」という概念を導入、飛躍的な成長を果たした女性経営者とは!?

千葉県で印刷業から参入された女性経営者が運営するステーションを紹介します。新規事業として2013年7月に千葉県にて開業。わずか4ヶ月で黒字化に転じ、2年後にはスタッフ数20名、利用者は200名を超え、訪問件数1,800件/月という、飛躍的な成長を遂げられました。

経営者様がスタッフが働きやすい環境を色々な角度から作られています。

本業はリハビリ型デイサービスを2拠点運営し、2014年9月に埼玉県内でステーションをオープン。開業当初は管理者予定の方が訪問看護が初めてということもあり、ご不安を抱えておりましたが、ケアーズの管理者研修に何度もお越しいただき近隣ステーションの管理者さんとの交流を深め、少しずつ慣れていただきました。今では大規模なステーションをまとめる素晴らしい管理者さんとして活躍されています。

開業からわずか5ヵ月で黒字化へ転じ、9ヶ月間で460訪問/月まで成長できた要因とは!?

若き経営者の「独立開業」による訪問看護ステーションのご紹介です。前職は銀行マンという経歴を持ち、異業種から介護業界へ参入を果たされました。開業からわずか5ヵ月で黒字化へ転じ、9ヶ月間で460訪問/月まで成長できた要因は、同社の「特徴づくり」にありました。

本業は製造業 徹底した「仕組みづくり」によって、地域一番店まで成長されたステーション

宮城県仙台市で異業種から参入されて徹底した「仕組みづくり」によって、地域一番店まで成長されたステーションのご紹介です。本業は製造業を営まれ、本業だけでは将来的な不安もあり、2015年5月に訪問看護事業へ参入し、仙台市内で開業を果たしました。開業から2年半で、スタッフ17名、訪問件数1,000件/月を超え、今年中には2拠点目を予定しています。

前職は寿司職人 訪問看護開業から順調に利用者を獲得し、5ヵ月で黒字化へ転換

経営者はまだ若く、前職は寿司職人。家族が介護医療関係の仕事をしていたこともあり、2013年に訪問看護事業へ参入を果たしました。経営者のモットーは、「スタッフを大切にしない会社に繁栄はない!」。従業員が活き活きと働ける環境づくりこそが、企業の成長だと考え、ステーション作りに取り組んでいきました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(3)

最終回となる第3回目は、訪問看護ステーションの現在のご状況、今後の抱負、そして今後独立を希望する看護師さん、療法士さんへのメッセージ等をお伺いしました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(2)

第2回目は、訪問看護事業参入を決断した、最終的なきっかけ、そしてステーション開業当初の社長自らの営業活動の様子、そして当時苦労されたことなどをお伺いしました。

「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(1)

第1回目は、岩見社長がこれまで積み重ねてきた勉学やご経験について、また現在の訪問看護ステーション運営に至った経緯等についてお聞きしました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(7)

抜群のチームワークを誇るあい訪問看護ステーションですが、その裏には、直行直帰やペーパーレス・IT化など業務の効率化や働く環境を少しでもよくするために横地社長の行っている数々の取り組みがありました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(6)

「いろいろありましたけど、今うちのステーションは、人間関係のしがらみもストレスもないし、お金をきちんとスタッフさんたちに還元できるようになっていると思います。」第6回目は、スタッフの採用についてお話を伺いました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(5)

第5回目は、「介護に関わるご家族への支援をしたい」という理念のもとご利用者様の最初の担当者会議に参加されるなど、看護師さんとの役割分担を明確にし、働きやすい環境作りに日々邁進するお話を伺いました。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(3)

開業後、看護師さんと分かり合えず、半年で看護師が一斉に退職する事件が発生・・・持ち前の踏ん張り力と様々な人の助けを得て、新たなスタッフと共に訪問看護ステーション再生に奮闘する横地社長

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(2)

訪問看護ステーション開業を決意後から立ち上げまでの経緯をお伺いしました。お母さまの反対に合いながらも、持ち前の行動力でスタッフ集めからステーションの開業エリアの決定に奔走される横地社長の開業ストーリー第2回も必見です。

子育て主婦から社長への道程は山あり谷あり・・・ あい訪問看護リハビリステーション 横地社長インタビュー(1)

母の介護をきっかけで「看護師さんが家に来るこういう制度があるんだ!?」と初めて知って、調べ始めました。そのサービスを、私自身が切実に必要としていましたから。「私と同じ境遇の人、このサービスを必要としている人が、絶対世の中にはたくさんいるはず。その人たちのために、家族支援もふくめて、お手伝いができないだろうか?って。」

【訪問看護開業インタビューVol.10】異業種から事業参入「なにより現場で働く従業員のために介護事業~訪問看護を選びました。」

本日は静岡県富士市にて新たに訪問看護ステーションを立ち上げられる、株式会社K・コミュニティージャパン代表の加藤 喜美社長をご紹介します。ご本業が運送会社である加藤様がなぜ新たに訪問看護サービスへの参入を決意された経緯、そして今後の展望についてお話をお伺いしました。

【訪問看護開業インタビューVol.9】言語聴覚士が挑む独立起業「育ててくれた人たちや地域に恩返ししたいから訪問看護を選びました」後編

前回に引き続き、言語聴覚士の黒川清博様の特別インタビューをお送りします。今回は、黒川様が大学病院の勤務から訪問看護ステーションの起業を決意された理由、これからの展望、そしてこれから独立起業を検討される療法士・看護師の方へのメッセージ等をご紹介します。

【訪問看護開業インタビューVol.9】言語聴覚士が挑む独立起業「育ててくれた人たちや地域に恩返ししたいから訪問看護を選びました」前編

黒川様は大学をご卒業後、他県にてご家業の不動産経営と関わりあるお仕事をされていましたが、「人と直接関わり、喜んでいただける仕事がしたい」とお考えになり、言語聴覚士資格を取得されたそうです。大学病院勤務などを経て、訪問看護ステーションの起業をお考えになるまでの軌跡をお話ししていただきました。

【訪問看護インタビューvol.8】 訪問看護の需要はあるのに、供給はまだまだ足りていない。思い入れある地域の皆さんのために、役立てるステーションをつくりたい

本日は神奈川県大和市で訪問看護ステーションを立ち上げられる、株式会社Sorriso(ソリーソ)代表取締役 永井笑子様にお越しいただきました。永井様は人生のほとんどを医療に携わり、その中で、今後の地域医療へ役立てるために訪問看護ステーション開業を決意されたそうです。本日は、訪問看護ステーションを立ち上げるに至ったきっかけや、訪問看護に寄せる永井様の想いなどを伺いたいと思います。

【訪問看護開業インタビューVol.7】訪問看護は、サービスを頑張った分、自分の心も充実するから選びました

本日は青梅市にて訪問看護ステーションを立ち上げられる、経営者様をご紹介します。海外生活や異業種事業等、バイタリティとバラエティに富んだご経験から訪問看護事業を決意するまでの経緯、そしてパートナーとしてケアーズを選んだきっかけなどについて、お話しいただきました。

【訪問看護開業インタビューVol.5】訪問マッサージから、訪問看護ステーションへ スタッフ皆で一丸となって地域社会への貢献を目指して

北海道・札幌市にて訪問看護サービスをを立ち上げられる経営者様をご紹介します。元々、ご本業の訪問マッサージサービスを札幌にて展開されていましたが、利用者様からの医療ニーズを感じ取られ、また同じ訪問サービスであるということから訪問看護にご興味を持たれたそうです。

【訪問看護開業インタビューVol.4】食品販売と訪問看護、めざすものは同じ。地域の皆さんに、笑顔と、安心できる場所を提供したい

今回は、食品販売を通して広く地域に美味しいものと笑顔を送り届けておられる中、新たに訪問看護ステーションサービスへの参入を決意された、経営者様をご紹介いたします。訪問看護事業に参入することになったきっかけや、開業支援のパートナーとしてケアーズを選んでいただいた理由などをお話いただきました。

【訪問看護開業インタビューVol.3】~いつしか他人事が自分ごとに変わっていきました。~私が「訪問看護事業」を選択した理由

本日は地元・北九州市にて訪問看護サービスを立ち上げられた、難波夏文様についてご紹介します。さまざまな介護事業の中から訪問看護事業を選択するに至った経緯、そしてケアーズを選んだきっかけなどについて、お話しいただきます。

【訪問看護開業インタビューVol.2】物流で培った繋がりを活かし「訪問看護」を新たな強みに、地域に広く長く貢献していきたい

今回は、雇用創出・女性の社会進出・待機児童問題など社会の課題の一つ一つに積極的に取り組まれ、新たに訪問看護サービスへの参入を決意された、株式会社 鈴や商事代表の秋葉様をご紹介いたします。スタートアップ研修で来社された代表 訪問看護事業に参入する動機やケアーズを選ばれた理由などをお話いただきました。

【訪問看護開業インタビューVol.1】自分たちが「訪問看護」と「療養通所介護」併設モデルのスタンダードになる、そのプライドをもって課題解決に向かいたい

本日は訪問看護サービスが直面する課題の解決に向けて、新たに療養通所介護サービスへの参入を決められた合同会社エヌユー様についてご紹介します。訪問看護ステーションのエヌユー様は、名古屋市内で24時間365日の在宅医療サービスを提供するとともに、看護に特化した教育事業を手がけ、福祉と医療の連携という地域のニーズに応えています。

お知らせ

新着記事をご紹介します。

  1. 2020年5月15日

    【5月21日(木)開催-無料ZOOM座談会】~異業種参入の経営者が語る開業5年の軌跡と訪問看護の魅力~

  2. 2020年3月25日

    【訪問看護開業インタビューVol.10】異業種から事業参入「なにより現場で働く従業員のために介護事業~訪問看護を選びました。」

  3. 2020年3月2日

    「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(3)

  4. 2020年2月25日

    「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(2)

  5. 2020年2月17日

    「訪問看護ステーションから地域の方々へ統合ケアを目指して」オムソーリ訪問看護リハビリステーション府中 Familj 合同会社 代表取締役岩見 俊哉氏インタビュー(1)