Hits: 647

 

 

こんにちは、インキュベクス株式会社 巣山です。

◆私共ケアーズが作成する「訪問看護ステーションの収支シミュレーション」のポイントをご紹介いたします。

1)開業初月から開業12カ月目までの利用者増加は、毎月3名から10名ほどの増加を標準としています。
※採用予定の管理者。看護師の経験、キャリアによって異なります。

2)開業から12ヵ月目以降を毎月15名の新規客増加を目指しています。

3)開業から17ヵ月目以降を毎月20名の新規客増加を目指しています。

4)訪問看護ステーション開業当初は積極営業を前提としています。

5)スタッフは直行直帰のモデル作りですが、週2回は出社させるなどの対応をしています。
※1期目は一般的に赤字計上(スタート資金が入るため)。
・13か月目以降から黒字転換(2期目はおよそ2200万円の黒字目標)。

6)積極営業で培った信用をもとに顧客からの受電〜契約までのプロセスを標準化しています。

※尚、看護師さんのアクションプラン作成は訪問看護関連の各種研修を受講していることを前提にしています。

◆サンプル版「収支シミュレーション」を御用意しています。


サンプル版「収支シミュレーション」を御用意しています。
お気軽に御用命ください。

◆皆さまの訪問看護ステーション成長可能性をすり合わせいたします。

皆さまの開業希望エリアで可能となる計画・アクションプランをご紹介いたします。

※例えば、神奈川県平塚市で開業する場合の請求可能単価ですと下記のようになります。

≪スタッフ基本情報≫
・訪看管理者 38万円 20日×1日5件=100件
・訪看常勤  32万円 20日×1日5件=100件
・非常勤   16万円 10日×1日5件=50件
・療法士   30万円 20日×1日6件=120件
・療法士非常勤 15万円 20日×1日6件=120件 ×0.5
*級地によって誤差が生じます。
≪スタッフ請求情報(国へ請求)≫
・看護師単価→8,400円
・療法士単価→5,500円
・採用タイミング→85%(全体稼働率)
・事務員採用タイミング→利用者様70名
→責任者がそれまでは介護報酬の対応をします。
≪経費≫
・訪問件数100訪問ですと平均15.000円のガソリンで算出
・格安スマホ+白ロムの対応
・3級地まで金額高く設定
・稼働比率について説明リハビリを受けすぎると損益分岐突破するのが難しくなります。
→看護師が必要な営業を積極的にとる必要があります。

≪質問事項・ご不明点≫
精神科訪看や、看取り加算等の計算は含んでおりません。
※加算要素を入れると単価は上昇しますし、看護師の時間配分が決まります。