Hits: 19

ケアーズ訪問看護ステーションの本部を運営する上村です。

僕は今、横浜市港北区で訪問看護ステーションの
開業を準備している。

ちなみに訪問看護ステーションにおける仕入れとはすなわち採用を意味する。
この採用ができなければ申請もできなければ、開業も出来ない。
寿司屋がネタを仕入れられなければ何屋かわからないしょ?

だからこそ僕はステーション開業ではこの仕入れ強化を真っ先に機能させたい。
ちなみに今回のブログの目的は看護師さんの採用は数字を細かく分解してみると意外と簡単でしょ?
をお伝えしたい。

もしかしたら仕入れ部署で鍛えられている方には向いている仕事かもしれない。

ちなみに6月から開業準備をはじめて7月には創業メンバーの採用は終了した
(ちなみにすべて無料広告経由)

■僕のステーションの採用目標
◇2023年9月(いまから13か月後)
看護師6名(現在の3名に加えて3名の追加募集)
PT3名(現在の1名に加えて2名の追加募集)
※月商目標は560万円。

ちなみに創業メンバーが集まっている2022年8月現在、
向こう13か月間で看護師採用を3名追加は、さほど困難では無いことをお伝えします。

その理由は看護師さんの応募は求人スタートした7月から起算して、毎月4名~5名はある。
つまり、直営をもう1拠点経営する僕の単純計算では、向こう13か月で応募者は
50名~60名にも上る。
だからそこからの3名採用はどちらかと言えば、買い手市場。

ちなみにPT採用も同様に採用可能性は高いと言える。

◇2024年9月(いまから25か月後)
月商目標 1500万円(利益率7%)
看護師8名(2023年9月から2名追加)
PT9名(2023年9月から6名追加)

2023年9月からの1年で看護師2名の追加採用はなんの対策もいらない。

一方でPTの追加採用6名に力を入れる。
いままでの実績値から考えると、ここも経験値があるところ。
WEB強化、入社お祝い金等はもちろん・・
職員の働く環境整備次第で、職員からの紹介が採用の伸びに左右される。

◇2025年9月(いまから37か月後)
月商目標 2700万円(利益率27%)
看護師16名(2024年から8名追加)
PT11名(2024年から2名追加)

ここら辺は現在、利用者200名以上に対するサービス提供を
行う直営店同様の構えが必要になるし・・・制度設計等も
随時見直しをする必要があるわけだ。

計画はさておき・・・ちなみに僕が開業予定のステーションは10月開業。
開業準備はWEB制作を含め6月からゆっくりおこなった。

7月には求人広告を掲載し、創業メンバーは出そろった。
実は創業メンバーの募集は給与が高い分、採用はしやすい。
(年収600万円台)

で・・・この8月からの活動は明確。

1つ目は10月・11月から勤務のPTを1名採用し、計2名体制とする。
そして、11月以降に予定する経験値の少ない看護師を募集し採用すること。
(ここからは年収450万円までに給与の下限を下げた上で、経験のハードルを
下げていく)

■備考
訪問看護ステーション経営の困難なポイントは2つ。
① 採用
② 運営(稼働率アップ)

医療者の範囲ではないところが難しいところだ。
だからこそ、僕らみたいなサービスが10年も続いている。
ケアーズでは採用のための勉強会も何度も何度も繰り返し行っていく。